★意外と知らないAGEST (エイジスト)老け顔解消の9つの秘密★

AGEST (エイジスト)トライアルセットが今爆発的に売れています。
もちろん アンチエイジングという老け顔解消のための外面での美容液内面でのサプリメントという簡単に言えば、年齢によって失われている機能の復活と補給なのですが、、

ただし これだけでは、十分なアンチエイジングとはいえません。

もう少し、外面の成分や内面に補給する有効成分ではなく、
日ごろからのアンチエイジングに対する、

「ライフスタイル」からも老け顔解消のポイントが9つありますのでこれを紹介しておこうと思います。

◆良質な化粧水は重要です。

いくらAGEST (エイジスト)の美容液が、ハリやキメなどの細かい部分でのケアをしてくれるとはいえ、その前の基礎化粧品はちょtっと重要です。

そのためにも、せめて「スキンケアローション」はお肌の水分補給がおもな目的です。
その目的を十分に遂行できる化粧水選びは大切です。

細胞レベルで水分補給されるような化粧水を探してください。

◆良質な乳液も重要です。

先程は化粧水が重要と書きましたが、もちろん水分の他にも油分もお肌には必要です。
加齢からくるお肌の大敵は、水分・油分・栄養分ということは理解されていると思います。

◆できれば、定期的に「サロン」へ出かける

これは、何もリラックスをしろとか、気分転換をしようという意味ではありません。
スキンケアで、案外自分でできない部分をおろそかにしてませんか?

例えば「首まわり」「うなじ」などなど、、いやいやここはフェイス部分ではないし、あまり人に見せるところでもないし、極端な印象が変わる部位でもないし。。。

そう思われているなら、アンチエイジングの理解がちょっと足りないかもしれません。

女性は「首と手の甲」で歳を感じ取られます。

テレビで活躍する60代や70代の大女優さんの首を見てください。
さすがに、フェイスは10歳の若返りまたそれ以上の若さを演出されていますが、首まわりがおろそかになっている女優さんも見えます。

その女優さんはもちろん十分きれいですし、スキンケアも高価なものを継続して使っていらっしゃるというインタビューもあります。

ですが、あまりエステサロンに通わないということです。

これは何も意味するかと言いますと、。、

第三者からみた、あなたのスキンケアを実践ということをやっていないということです。

つまり客観的に見た、スキンケアをしてくれていないという意味です。
ですので、高額なエステサロンに通えば、アンチエイジングが効果的とかいう意味ではありません。

もちろん、普段からの仕事のストレス解消やリラックスによる精神安定などなど、サロンに行くと、アンチエイジングというよりも、「ストレス解消」のつもりという意味でもありません。

本当のエステに行く意味とは。。

「あなた自身では気が使かない部位や届かない部位」のアンチエイジングなのです。

結構、これって大事です。
決して、エステでお金をかけましょうという単純な意味合いでないことを理解してください。

◆適度な運動やストレッチは必須です。

アンチエイジング・・つまり、老化を遅らせるためにのライフスタイルということに至っては、スキンケアが一番注目が集まりますが、

考えてもみてください、お肌も体の一部です、その顔やお肌だけに「アンチエイジング」を施しても、実際には、外面ばかりのアンチエイジングになってしまいます。

そして、適度な運動やストレッチこそが、、、「リラックス」「ストレス解消」に最適なのです。
というのも、体を動かしているときは、「脳が疲労回復」状態になっているからです。
そして、体を動かしているときは、内蔵機能も活発化しているのです。

ですので、先程のエステでストレス解消という目的よりも、断然運動がストレス解消に効果的です。

とくに熟女であれば、汗をかく運動よりも、体の姿勢や柔軟性を求めた「ヨガ」「リラクゼーション」のほうが、よりアンチエイジングにいいのではないでしょうか?

◆バランスのとれた食事

これはアンチエイジングに限らず、健康を維持していこうとする現代社会の女性にはあたりまえのことですよね。

でも 外食は、糖質が多い傾向にある食事になりがちです。とくに「中華料理」には糖質がかなり多い傾向にありますので気をつけましょう。

それと 肉類はあまり摂らないほうが、便通の加減もありお肌への影響も少なからずありますので気をつけましょう

◆質の良い睡眠はお肌の活力

お肌は眠っている間に代謝や疲れを取っています。
ですので、「寝不足」はお肌の大敵、とくに40代以降はお肌の代謝も落ちてます。

寝不足ですと、目元の血行不良による。クマが目立ち、「老け顔」を助長する傾向になります。

いくら良質な美容液をつけても、お肌の血色不良を補うまでの効果は持続できませんので内面的にも「睡眠不足」は解消してください。

◆楽しく生きていく

これは、せっかくアンチエイジングで若々しいお肌を手にしても、

体と心のバランスが良くなくてはいけません。

アンチエイジングばかりに気を取られて、お肌に良いこと、体によいことも大切ですが、普段の生活リズムでも「楽しく生きよう」をテーマにもっていくことが大事です。

たまには、おいしいものを・・・
たまには、ロングドライブを・・・
たまには、家族良好へ。。

心の余裕が結果的に、

「老け顔から笑顔あふれる若々しい自分」を勝ち取ることができます。

◆おしゃれをする
◆乙女こころを忘れない

この2項目は、簡単ですよね、気持ちを若くもとうということですね。
決して、

若づくりをすること
若い子のファッションをまねすること
今はやりを追いかけること

このような意味ではありません。

あくまでも、年齢に応じた振る舞いを言います。
たまに、ゴルフ場で50歳以上の女性のゴルフウエアを見てみると、

カラーしか若い子が好きな「ピンク系」しか着ていない女性をみかけますが、
これはおしゃれでも乙女こころという意味でもありません。

これは「若づくり」になります。

熟女らしいヒップラインのきれいなパンツ
熟女らしい痩せすぎず、太りすぎずのウエストラインが格好いいワンピース

こんなイメージをもって、おしゃれと若々しい気持ちにチャレンジしてください。

このように、AGEST (エイジスト)ばかりでのアンチエイジングではなく、

心技体のバランスが一番の老け顔対策なのかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

エイジストダブルエイジングケアセットのトライアル

最近の記事